1. HOME
  2. KNOWLEDGE
  3. 上鹿川で自然を守る方々

KNOWLEDGE

知る

上鹿川で自然を守る方々

延岡と日之影の境を流れる綱ノ瀬川。

巨岩と澄んだ水が美しく
訪れる度に感動する川を上流へ移動いたしますと

クライミングの名所としても知られる
比叡山や矢筈岳がそびえ立ち
さらに奥へ進めば
鹿川渓谷や鉾岳をはじめとした
息を飲むような美しさのエリア。

延岡市の上鹿川エリアは
比叡山や矢筈岳よりもさらに奥地に位置しています。

綱ノ瀬川の流れるエリア一帯では
山登りやハイキング
クライミングにボルダリング
渓流釣りや沢登りと

山の自然で楽しむ
様々なアクティビティが楽しめ
美しい渓谷は時に濁流となる厳しさを持ち
四季の美しさや花の美しさも楽しめるエリアです。

花の季節にもなれば
上鹿川エリアには車道脇にも山野草や
そこで生活される方々の育てる花が増え
とても暖かさを感じるエリアで
僕らも頻繁に遊びに訪れる場所でありますが

今回はそんな上鹿川で
自然を守る活動をされる
“上鹿川フォレストマントル”の
戸高さま、西さまにお会いし
上鹿川での活動や想いを聞かせていただきました。

一度にはご紹介しきれないため
複数回に分けて
定期的にご紹介させていただければと
考えております。

今回は
上鹿川フォレストマントルという団体で
上鹿川の自然を守り
地域と共に活動をされる方々がいること。

そしてそうした方々の
ほんの一部の想いをお伝えできれば
非常に嬉しく思います。

上鹿川フォレストマントル

上鹿川の名峰のひとつ
「鉾岳」に隣接する「鬼の目山」

ここには九州本土で唯一と言われる
天然杉が存在し
天然杉やその周辺の自然を守るための活動や
その森のイタヤカエデから
メイプルシロップなどを作られたり。

上鹿川の自然を守り
その自然と共に生活する方々。

そうした団体が
上鹿川フォレストマントルです。

“マントル”とは
「マント」や「覆う」という意味を持つ言葉ですが

今の環境は、母親が子供を守るように。
雨風から子供を守るように。

そうした形で森を守らなければ
美しい森林は守ることができませんと
とても温かい言葉で語ってくださるお二方。

それは、環境の変化からであり
増えすぎた鹿から森を守るためであり

決して動物が悪い訳ではないけれど、
新芽が摘まれて木々の子供が育たない森を
母親のように守っていきたいと語ってくださいます。

その具体的な活動は
天然杉やその周辺の失われつつある環境を
鹿などの食害から守るための鹿避けネットの設置から
各種調査まで、多岐に渡ります。

そんなお二方が
とても温かく語ってくださり
記憶にも残っている言葉があります。

国有林は国民の森

国有林と聞くと

“国が管理する”
“森林管理署が管理する”

そうしたイメージを持たれる方も多いが、
“国有林は国民である私たちの森”
だという言葉。

昔と今とでは生活環境が変わり
日常の暮らしと森とが
あまりにもかけ離れていることに寂しさを感じると
その森の麓で暮らすお二方から
想いを聞かせていただきます。

山は「登る」ということだけでなく
自然と様々な関わりを持ち
様々な喜びを得て
様々な恩恵を受けるものであり
そうした場所を活用し、守っていくこと。

そんな自然との関わり方を
今一度、大切にしたいと話してくださいます。

けれど、それは決して
「昔は良かった」
「昔の方がいい」ということでない感覚を

上鹿川フォレストマントルの
お二方と話していると実感いたします。

“新たな”感覚、”新たな”視点

上鹿川フォレストマントルの方々の保護活動には
若い方の参加も多く
お二人も新たな感覚や
新たな視点を大切にしたいと語ってくださいます。

自分たちの団体が活動する成果は
決して自分たちが恩恵を受けるものではなく
次の世代に繋いでいくもの。

そうした意思や気持ちを感じるお二方の話では
若い方々の発想も非常に大切であり
山や自然を楽しむ方々と
山や自然を守ろうという気持ちを
どのように繋いでいくかは

新たな感覚や
新たな視点もとても大切で
若い方々の発想が
とても好きだと話してくださいます。

山や自然を楽しむにも様々な楽しみ方があり
山や自然を守るにも様々な伝え方があり
お話を聞かせていただきながら、終始温かく
そして明るい時間を過ごさせていただきましたが

こうした方々の空気感が
このエリアを訪れた時に感じる温かさなのかなと
そうしたことを感じさせていただける時間でした。


今回ご紹介しきれていない点もありますが
また改めて、PORTALでもお邪魔させていただきながら
ご紹介させていただきます。

上鹿川の自然やフィールドのご紹介も
今回お話させていただいた戸高さんとともに
ご覧いただいている皆様へご紹介できれば幸いです。

是非、皆さまも上鹿川の自然に触れながら
こうした方々の活動や想いを感じ取っていただけたなら
非常に幸いでございます。

戸高さま、西さま
貴重な時間をありがとうございました。


上鹿川フォレストマントルの活動は
一部以下のサイトでも
ご紹介されております。

Miyazaki Country Side