1. HOME
  2. KNOWLEDGE
  3. 憧れの”大崩山”

KNOWLEDGE

知る

憧れの”大崩山”

台風後の整備の光景(画像提供:美人の湯)

こんにちは、PORTALの中野です。
地域の自然を遊びながら
地域の自然、環境のことを教わり
宮崎県の自然を楽しむ方々と一緒に共有したいと
そんな願いで始めたこのWEBサイト。

今回は当店のお客様でも
いつかは登りたいと
憧れる方の多い「大崩山」

その麓に位置する
美人の湯の支配人を務める中原さんと
大崩山の話を先日させていただきまして

今回は
その際の話を元に書かせていただきます。

憧れる方の多い大崩山

憧れる方の多い大崩山

お客様と大崩山を楽しむ時
いつも会話に出てくることは
「こんなに険しい場所を整備してくださる方に感謝ですね」ということです。

美人の湯の支配人を務める中原さんは
その大崩山の整備を行ってくださる一人。

その活動は整備のみならず
大崩山のガイドも行い
遭難や捜索の必要があれば
山に出向き捜索も行います。


「いつか登りたい」と
憧れる方の多い大崩山は
宮崎県の山の中でも
険しい山として知られていますが
その絶景は素晴らしいものです。

先日僕らも
「いつか大崩山に登りたい」と願う方々と
大崩山をご一緒させていただく機会があり
お客様と僕、そして案内人で大崩山を歩かせていただきました。

袖ダキ展望所での絶景
そして無事に下山した時に
お客様が流した涙を拝見しつつ
僕も案内人も密かに涙したのは、今年の台風の後。

この感動の裏には
台風の後に荒れてしまった登山道を
整備してくださった
中原さんを始めとした
整備に関わる方々の活動があったからこそ。

台風後の整備の光景(画像提供:美人の湯)

台風後の整備の光景(画像提供:美人の湯)

整備に携わってくださる方々の数名は
PORTALにもお越しくださる方々で

お客様と感動を共にしながらも
整備に関わる方々の活動のお蔭で
こうした感動の機会を得られたことを
とても温かく感じ、感謝いたしました。

そんな活動をしながら
美人の湯の支配人を務める中原さんは
僕と同じ北九州の出身で祝子に移住された方で
大崩山の麓で働き、大崩山の麓で暮らすことを選択された方。

中原さんの行われる活動は
登山道の整備のみならず、
山域に落ちるゴミの清掃や、狩猟
環境調査と、その活動は非常に多岐に渡ります。

僕らやお客様と同様に
憧れの風景を眺めて感動した方や
その魅力に魅了され通い詰める方
大崩山は様々な形で惹かれる方の多い山であり

その裏には
こうした方々の地域や環境に対する
愛情や情熱が存在しており
そうした方々の活動があってこそ
そこを楽しむ僕らが、安心して感動できることを
大崩山は訪れる度に実感させてくれる山です。

お店でも相談いただくことの多い大崩山。
初心者の方だけでの入山は、
お店でも避けることを強くお伝えする山ですが

そこには滑落などの事故のみならず、
道迷いや体力不足による遭難も
多く発生してしまう山であるからという理由があります。

様々な事例などは、また機会があれば
ご紹介もさせていただければと思っておりますが

何より、大崩山のみならず
山を歩いて楽しみ、そして感動できるその裏には
そこを整備する方々の愛情や情熱
そして地域や環境に対する
強い信念があってこそということを
自然を楽しむ度に忘れずに感謝したいものです。

そして、他の方々からも伺うように
中原さんからも聞かせていただきましたが
多くの山の整備、そして環境に関わる調査や有害鳥獣駆除など

様々な活動の中で、高齢化による人口の減少や
それに伴う深刻な状況の話を聞かせていただきます。

僕らに出来ることは
活動に参加することや、伝えること
そうした活動に携わる方々のお店に立ち寄り
地域の方々に喜んでいただけること。

ひとつひとつは小さなことかもしれませんが、
宮崎県の自然を楽しむ方々と一緒に
より良い楽しみができ、より良い環境になるよう
繋いでいきたいなと思うものです。

何より長時間の絶景を楽しみ
下山した後に
大崩山を眺めながら浸かることのできる
美人の湯で疲れを癒すことは
とても嬉しく、思い出に浸れる時間です。

そして
「九州最後の秘境」とも呼ばれる大崩山を楽しむには
麓の宿に前日から宿泊し、早朝から行動できるように
備えておくことも大切な選択肢。

その地域の自然を楽しむ僕らが
その地域に根差して活動される方々に
訪れることを喜んでいただける存在でありたいなと
中原さんと話をさせていただき
強く思うのでありました。

中原さん、貴重なお話しを沢山
ありがとうございました。

祝子川温泉美人の湯

祝子川温泉美人の湯
〒889-0101 宮崎県延岡市北川町川内名10358−10
FACEBOOK ページ

大崩山に登った後
その絶景を思い出しながら
名湯と呼ばれる温泉に浸るのは
至福の時間です。

大崩の茶屋

大崩の茶屋
〒889-0101 宮崎県延岡市北川町川内名10504

大崩山を楽しむために前泊して
ゆとりを持った行動を行うために
オススメの宿。
PORTALのお客様でも利用される方の多い場所です。